Katana[Unji][N.B.T.H.K] Jyuyo Token

¥ 4,500,000

Stock number:KA-020321

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K] Jyuyo Touken
Country・Era:Bizen(Okayama)・Kamakura era about 1312~

Blade length(Cutting edge): 74.5cm
Curve(SORI): 2.25cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.02cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.47cm
Habaki: Two parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Osuriage, Kattesagari file pattern

Rivet Holes(Mekugiana): 3

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Jigane(Hada):
Temper patterns(Hamon): Chu-suguha, Gunome, Kogunome with Sunanagashi
Temper patterns in the point(Bohshi):
Registration Card: Tokyo

【Additional Information】

【重要刀剣図譜より】

形状 鎬造、庵棟、身幅広め、元先の幅差ややつき、重ねほぼ尋常、大磨上ながら輪反り風に反り深く、中鋒。
 板目に政杢交じり、肌立ち、地沸つき、処々地斑状の肌合いを交え、地斑映り立つ。
刃文 中直刃基調に互の目・小互の目・角ばる刃など交じり、足・葉よく入り、逆足を交じえ、小沸つき、金筋・砂流しかかる。
帽子 直ぐ調に小丸ごころ。
 大磨上、先切り、鑢目浅い勝手下がり、目釘孔三、無銘。

 

説明 雲生・雲次・雲重らの刀工は、備前国宇甘庄に在住したため宇甘派とも、またいずれも「雲」の字をその名に冠するところから雲類とも呼称されている。雲次は一説に、雲生の子と伝え、現存する製作年紀には正和・文保・建武があり、その活躍年代は明らかである。
雲類の作風は当時の長船物とは相違する点があり、備前伝の中に山城風が混在し、さらに隣国備中青江派の影響も少なからず受けており、備前物中異色の存在といえる。
この刀は、大磨上ながらも輪反り風に反りが深くついた体配を示し、板目に杢が交じり、肌立った鍛えに、地沸がつき、金筋・砂流しがかかるなどの出来口をあらわしている。
上記の如く、雲類の特色が顕然としており、地刃の出来口よりして、雲次の極めが最も至当と鑑せられる。焼刃には足・葉や金筋・砂流し等がよく働いて味わい深く、秀抜な出来映えを示している。