Katana [Sakakura Gonnoshin Terukane] (Ouwazamono) [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon touken

¥ 3,000,000

Stock number:KA-080117

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
Country・Era:Osaka(Settsu)・Edo era about 1682

Blade length(Cutting edge): 65.9cm
Curve(SORI): 1.5cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.18cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.66cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.4cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Length of Koshirae : about 97cm
Habaki: One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Sujikaiyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 3

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,,Iorimune
Jitetsu(Hada): Mokume with Jinie
Temper patterns(Hamon): Toran O-gunome-midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Komaru
Registration Card: Tokyo

【Additional Information】
坂倉言之進照包は美濃国照門の一門と伝えられ、後大坂に出て初代包貞門人となり、寛文9年(1669年)頃に初代が没した際、初代の子・岩松が幼少だったため代わりに初め包貞を名乗りました。延宝8年(1680年)頃、包貞銘を岩松に譲り自らは坂倉言之進照包と改銘。つまり師の子供が成人するまでの間、照包が二代越後守包貞を名乗って鍛刀したわけです。濤乱刃、又はその中間的特徴のある矢筈がかった大互目乱刃を得意とする大阪新刀の代表的な名工です。位列は上々作で大業物に列せられています。助廣写しの直刃も焼きました。
本作は、身幅が広く反りが利いた美しい姿の御刀です。地鉄は、杢目肌鍛で地沸が付く精美な地金です。刃文は匂深く地沸が微塵につく濤乱大互の目が華やかに乱れ咲く刃紋で、足入り、砂流しがかかる、よく冴えた明るい刃です。帽子はそのまま品よく小丸へ返ります。茎の刻銘は深くキッチリと刻されており保存状態は頗る良好です。添えられた青貝変塗鞘打刀拵も品が良く見ごたえあり飾り栄えがします。坂倉言之進照包を存分に示した代表作品であり、拵ともに揃った優品です。白鞘、拵、特別保存刀剣鑑定書

SKU: KA-080117

Categories: ,

Tags: ,