Katana [Kanemoto] [N.B.T.H.K] Hozon Token

Out of Stock

Stock number:KA-080118

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K]Hozon Token
Country・Era:Mino(Gifu)・Muromachi era  1570

Blade length(Cutting edge): 71.8cm
Curve(SORI): 1.5cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.93cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.65cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.32cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Length of Koshirae: about 103cm
Habaki: One parts, gold foil habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered, Kattesagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 2

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Jitetsu(Hada): Itame with Utsuri
Temper patterns(Hamon): Gunome
Temper patterns in the point(Bohshi): Midare, Komaru
Registration Card: Hokkaido  1954

【Additional Information】
銘  兼元、刃長が二尺三寸七分の刀です。濃州赤坂は現在の岐阜県大垣市にあたり、古くから金生山の中央部、更紗山(さらさやま)からは、石灰石とともに良質な赤鉄鉱が採掘されており、これらを用いた、製鉄の技術が伝わりました。つまり、この地方は原料の鉄に恵まれた、刀作りに適した地であったといえます。同地に永正年間(1504年~)頃、兼定、兼元などが出て、美濃鍛冶の双璧として活躍しました。両者共に後代まで同銘で引き継がれますが、特に技量的に優れ成功を収めたのが、三本杉刃紋で有名な二代兼元で、孫六兼元と称されております。本作の兼元は室町末とされておりますが、刀身に古風な映りが現れるあたりからして、それほど時代が下らない兼元であると推測することが出来ます。地鉄は板目肌で刃に添うように映りがたちます。刃紋は匂い口締まり心で沸が着く尖り互の目刃紋で、時代が下る兼元のそれのように三本杉がはっきりとしないものです。帽子はそのまま乱れて小丸へ返ります。茎には兼元の二字がはっきりと残ります。本品は、ひじょうに雅味を感じる在銘刀の兼元で、拵もついて楽しめる御刀です。白鞘、拵、金着せはばき、保存刀剣鑑定書。

Out of stock

SKU: KA-080118

Categories: ,

Tags: ,