Katana [Senjyuin Izuminokami Minamoto Morimasa] [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

¥ 1,800,000

Stock number:KA-080318

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country・Era:Musashi(Tokyo)・Edo era about 1624

Blade length(Cutting edge): 69.6cm
Curve(SORI): 1.6cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.3cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.72cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.6cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
Habaki: Two parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,  Kiriyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki, Shinogizukuri, Iorimune
Jitetsu(Hada): Itame with Jinie
Temper patterns(Hamon): Gunome-midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Sugu ni Komaru
Registration Card: Kagawa    1964

【Additional Information】
千手院和泉守源守正は後に千手院盛國と改名します。美濃国赤坂千手院の末裔で江戸千手院と呼ばれました。美濃から江戸へ出てからは和泉守兼重の門人となり作刀しました。なお、守正の作品は、時期を同じくして江戸で鍛刀していた長曽祢乕徹と深く交流があった様子で、長曽祢乕徹虎徹、乕徹門人の長曽祢興久に総じて類似した作風であり、刻銘までも乕徹の(はねとら)銘と通じる感が有ります。千手院和泉守源守正、また千手院盛國在銘の現存品は何故かそう多くは無く、本刀は貴重な資料となる御刀ということになります。
本作、刃長が二尺三寸で、身幅、元先確りとし重ねもガッシリとある健全な体配を呈す御刀です。地鉄は、小板目肌に杢目まじり練れて地沸つく強い鍛の肌で、鎬地は柾目肌が強く流れます。刃紋は湾れで焼きだし互の目が乱れる刃紋で、匂い明るく深く刃縁はよく沸て、飛び焼きを交えます。刃中には足、葉、他さまざまな働きが現れます。帽子は浅く湾れて先掃き掛け心となり小丸へ深く返ります。茎は生ぶで、鑢目、刻銘ともに確りとして錆味も良好です。この刀は、長曽祢乕徹ファンの御客様にも必見となる、千手院和泉守源守正作の作柄特徴が顕著に示された刀の優品です。白鞘、金着二重はばき、特別保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-080318

Categories: ,

Tag: