Katana [Cyounsai Tunatoshi][N.B.T.H.K] Tokubetsu hozon Token

¥ 2,800,000

Stock number:KA-120115

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
Country・Era:Edo・Edo era  1836

Blade length(Cutting edge): 69.9cm
Curve(SORI): 2.2cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.33cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.72cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.8cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Habaki: One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,Sujikaiyasuri with Keshoyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Engraving: Bohi on each side
Jitetsu(Hada): Itame with Jinie
Temper patterns(Hamon): Choji-midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Midare,Komaru
Registration Card: Wakayama

【Additional Information】
本名は加藤八郎、寛政10年(1798年)~ 文久3年(1863年)加藤和泉守国秀の三男で山形藩工で濤瀾刃の名手であった加藤綱秀の弟です。長運斎と号し、兄と共に幕末の江戸で備前伝を得意とする一大流派加藤一門を築き上げました。
彼 ははじめ水心子正秀の門人となって江戸に移住し、後に大阪に上がり西国を遊歴して熊本に駐槌、安政3年に長運斎を息子の是俊、二代綱俊に譲り銘を長寿斎と 改めました。文久3年(1863年)江戸麻布の上杉家中家敷でその生涯を終えました。初代長運斎綱俊は殊に備前伝では水心子一門を凌ぐ勢いであった云われ 当時の第一人者と称えられた名工です。加藤一門は、甥の石堂是一ほか、固山宗次、高橋長信、青竜軒盛俊など数多くの優れた門人を輩出しました。
本 作は、身巾広く反りが利き踏ん張りがあるスタイルが誠に整った一振りで、鎬地に刻された二本の樋が刀身を更に引き締めています。地鉄は良く詰んだ小板目肌 で潤いが有ります。刃紋は匂勝ちで飛び焼きを交じえる互の目乱れ刃紋で、柔らかい小沸が刃縁から刃にむかって微塵にこぼれるようについて所々荒沸がついて 輝きます。刃中には小足入り刃縁には金線が絡み働きも盛んです。帽子はそのま乱れ込んで小丸へと返ります。茎は生ぶで、化粧鑢がはっきりとして保存状態が 良く、銘ぶりも鏨が確りと力強く、なにしろ立派なものです。白鞘には寒山先生の鞘書があります。特別保存刀剣鑑定書、金着一重はばき、(現在和歌山県登録 ですが、記載に省略が見つかり東京都で再発行中です。)

SKU: ka-120115

Categories: ,

Tag: