Tanto [Morihide][N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

¥ 650,000

Stock number:TA-040320

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K]  Tokubetsu Hozon Token
Country・Era:Chosyu・Meiji era  about  1870

Blade length(Cutting edge): 21.1cm
Curve(SORI): 0cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.1cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.46cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 1.9cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.35cm
Length of Koshirae : about 36cm
Habaki: One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered, Sujichigai file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Hirazukuri, Iorimune
Jigane(Hada): Itame
Temper patterns(Hamon): Sugu and Gunome
Temper patterns in the point(Bohshi): Sharp turn Komaru
Registration Card: Tokyo

【Additional Information】

盛秀は嘉永年間に独立し長州藩のお抱え工となりました。本名は藤本左門で号は潜龍子と号した幕末の名工です。盛秀は青龍軒盛俊の門人で、盛日出謹造、長州住盛秀、周防山口士盛秀などと銘を切りました。盛秀と師の盛俊の刻銘で盛の字は見分けが付かないほど似ています。
本作体配は、刃長が六寸九分、身幅重ねは尋常で、姿がすっきりしたカーブを画く美しい短刀です。地鉄は、板目肌が詰んで地沸が付きます。刃紋は匂口明るい小沸出来の直刃を基調として、刀身中央に互の目がポンと富士山のように浮かび上がります。帽子はそのまま先尖って小丸へ確り返ります。茎は生ぶで刻銘が入ります。本刀には写真の通りの洒落た拵が付いています。亀甲紋模様の変塗が施された鞘は一見して金属のように見えるもので、非常に雰囲気が良く、使われる金具も四分一製の渋いものです。本品は長門盛秀の、時代の拵が付いてシックな雰囲気が漂う内外そろった短刀の秀品です。白鞘、変塗鞘揃四分一金具短刀拵、特別保存刀剣鑑定書、金着一重はばき。

SKU: TA-040320

Categories: ,