Tanto [Yoshiaki] [N.B.T.H.K Hozon Token]

¥ 400,000

Stock No:STA-050120

Paper(Certificate): NBTHK Hozon Token
Country(Kuni)/Period(Jidai): Tokyo,Showa period 1970~

Blade length(Cutting edge): 28.5cm
Curve(SORI): 0cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.0cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.5cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.35cm
Sword tang(Nakago):–
Rivet Holes(Mekugiana): —

Shape(Taihai): —
Jigane(Hada): —
Temper patterns(Hamon): —
Temper patterns in the point(Bohshi): —
Registration Card: —

【Additional Information】
喜昭作=塚本小太郎喜昭刀匠は塚本起正の子で、塚本一貫斎喜昭、塚本小太郎作などと刻銘する。笠間一貫斎繁継、塚本一貫斎起正、小沢正寿らに鍛刀の業を学びました。作風は、塚本起正ら一門同様に備前伝を得意とします。若くして没したため作品は少なく、遺作は貴重です。本作は塚本小太郎喜昭と別人ではないか、とされてはいるが、他に同銘を名乗る刀匠は見当たらず、今後の研究が待たれます。
体配は、平造で長さが九寸四分を超える大振りな短刀姿で、身幅元先広く、重ね古作の如く薄い、姿健全な一振りです。地鉄は杢目肌がよく現れ、地沸つきます。よく練れた強そうな鍛に、刃文は小沸本位の大互の目乱れ刃を焼いており、足入り働きます。帽子はそのまま確りと小丸へ返ります。茎は生ぶ。鑢目は化粧筋違い。地刃ともに冴え冴えとして出来が良い喜昭作、銘ぶりも立派な短刀です。白鞘。