Tsuba [Kakko Hubako Sukashi Tsuba][N.B.T.H.K] Hozon Tousougu

Out of Stock

Stock number:TU-010215

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K]Hozon Tousougu

Country・Era:Edo era

Kakko Hubako Sukashi Tsuba
丸形 鉄地 肉彫地透 金布目象嵌 丸耳

Length:7.3cm
Width: 7.2cm
Thickness:0.56cm
Weight:112g

In paulownia wood box

正阿弥は埋忠派とともに鍔の二大流派として知られ室町時代より江戸時代末期に至るまで繁栄した一派で、江戸時代には全国に移住ひろく 分布しました。伊予、阿波、会津、秋田、庄内、江戸、播磨等の正阿弥があります。本作は、京に移住した正阿弥の総称で、江戸時代中期頃の作品と思われま す。

鞨鼓文箱図の羯鼓(かっこ)とは雅楽で使われる打楽器で、鼓の一種。文箱(ふばこ)とは、書状などを入れておく手箱です。構図の関連についてはコメントできませんが、金象嵌で美しく表現された本作を見るに楽しめる作品であることは間違えなく、拵につけても映える逸品です。

Out of stock

SKU: tu-010215

Category:

Tags: ,