Wakizashi [Hokusou Harukuni](Wazamono) [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

¥ 1,200,000

Stock number:WA-060217

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
Country・Era:Settsu(Osaka)・Edo era about 1681

Blade length(Cutting edge): 48.0cm
Curve(SORI): 0.7cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.13cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.65cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm
Habaki: One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered, Sujikai file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Jigane(Hada): Masame
Temper patterns(Hamon): Gunome-midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Komaru with Hakikake
Registration Card: Aichi

【Additional Information】
八幡北窓治国、北窓治国、治国、などと銘切る。本名は惣兵衛と言い、井上真改の門人で修業後は日向に移り鍛刀しています。作品は師の作風を継承しており、特に切れ味に定評があり、業物に位列します。本作は刃長が一尺五寸八分程の脇差で、身幅広く、姿が良い一振りです。地鉄は板目肌がよく現れ地沸がつきます。刃紋は沸が強く直焼き出しがある、華やかな大互の目乱れ刃紋を焼いています。刃縁から沸粒が地にこぼれて満天の星のごとく輝いています。帽子はそのまま先掃き掛けるようにして小丸へ深く返ります。刃中には砂流幾重にも掛かり働きも盛んです。北窓治国と言えば昔から人気が高い刀匠でありながら、現存する作品が極めて少ないことでも知られております。本作も希少な治国の在銘の代表作品です。茎の状態は完璧で保存状態が実によく大振な刻銘が見事であり、資料的に貴重といえる御刀です。白鞘、金着せ一重はばき、特別保存刀剣、

SKU: WA-060217

Categories: ,

Tag: