Wakizashi [Itou Gonzaemon-nojyo Hironobu] [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Touken

¥ 650,000

Stock number:WA-110513

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country・Era:Yamashiro(Kyoto)・Edo era  1658

Blade length(Cutting edge): 57.45cm
Curve(SORI): 1.35cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.1cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.69cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
Habaki: One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,Kattesagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 2

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Jitetsu(Hada): Itame with Jinie
Temper patterns(Hamon): Gunome-midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Komaru
Registration Card: Tokyo   1987

【Additional Information】
於洛陽伊藤権左衛門尉廣信は、二代目の廣信です。初代は寛永頃の人で、初代、二代ともに山城国に住して作刀しました。二代廣信は、洛陽住伊藤権左衛門尉廣信、洛陽住於紀州藤原廣、伊藤大和守源廣信、等と銘を切ります。三代目は河内守を受領。四代は弥左衛門尉と称し享保ころに活躍しました。現存する作品が少なく資料性が高いものとなります。
体配は、一尺九寸に迫る長めの脇差であり、身幅たっぷり重ねは尋常。バランスが良く、姿が美しい御刀です。地鉄は板目肌が練れて詰み、地沸が厚く付きます。刃紋は直ぐで焼きだし、大きく派手に乱れる互の目刃紋で、小沸良く付き匂口も冴えています。帽子は焼き幅を高めて一枚風になり小丸へと返ります。茎は生ぶで鑢目、銘文ともに文句なしの保存状態です。資料的にも誠に貴重な伊藤権左衛門尉廣信の優脇差です。白鞘、金着せ一重はばき。特別保存刀剣。

SKU: wa-110513

Categories: ,

Tag: