Katana [Bizen-no-suke Munetsugu][N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token

¥ 4,000,000

Stock number:KA-010323

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
Country・Period:Musashi(Tokyo)・Late Edo period 1851

Blade length(Cutting edge): 69.8cm
Curve(SORI): 2.2cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.1cm

Thickness at the Moto-Kasane: 0.71cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba):2.35cm

Thickness at the Saki-Kasane: 0.5cm
Habaki: One parts, silver foil Habaki

Length of Koshirae : About 98cm
Sword tang(Nakago): Unaltered,Sujikaiyasuri with Keshoyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Jigane(Hada):
Temper patterns(Hamon): Choji and Midare
Temper patterns in the point(Bohshi):
Registration Card: Ibaraki

【Additional Information】

備前介藤原宗次(固山宗次)は、享和三年(1803年)奥州白河(現 福島県)に生まれました。俗名を宗兵衛(惣兵衛)といい、兄に宗平・宗俊がいます。銘には精良斎、一専斎とも号します。同工は初め白河松平家の抱え工でしたが、天保頃に出府して加藤綱英の門人となり、桑名藩工として江戸麻布永坂四谷左門町にて鍛刀しました。師である加藤綱英の他、同門の加藤綱俊にも影響を受けていたとされます。弘化二年(1846年)に備前介を受領し、明治初年頃まで作品が確認されています。茎鑢目は安政七年より切に改めています。作風のほどんどが得意の備前伝で、新々刀上々作、大変著名な刀工です。
新々刀大鑑所載。

SKU: KA-010323

Categories: ,

Tags: ,