Katana [Seki-zenjo Sakao Yoshitoki][N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token

¥ 1,700,000

Stock No:KA-060422

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country(Kuni)/Period(Jidai):  Mino(Gifu)・Middle Edo period 1681~

Blade length(Cutting edge): 74.2cm
Curve(SORI): 2.0cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.30cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.82cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.50cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Sword tang(Nakago): Unaltered,Takanoha file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Shinogizukuri,Iorimune,Chu-kissaki
Jigane(Hada): Ko-Itame
Temper patterns(Hamon): Gunome-Midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Sugu turning Komaru
Registration Card: Tokyo

【Additional Information】

関善定坂尾吉時は、本名 酒尾新五郎。美濃国の関善定派という刀工群の一人です。初代は、濃州関住坂尾新五郎源吉時、新五郎吉時などと銘を切ります。二代吉時は、江戸で作刀し関善定上野介酒尾吉時と銘を切り、三代吉時は、江戸五郎吉時と銘を切りました。この刀は、銘文から初代の作品と鑑みられます。現存する刀は希少であり、本品は貴重な一振です。
本刀体配は、刃長が二尺四寸四分半と長寸で、元先確りとし、重ね厚く、反り適度に利いた綺麗な姿の豪刀です。地鉄は小板目で、地沸付いて整った肌となります。刃文は沸よくついた互の目乱れに尖り刃を交えて華やかな乱れを見せます。刃中には頻りに足入り、よく冴えた明るい焼刃です。帽子は品よく、直ぐで先小丸へ返ります。茎の鷹羽鑢目、刻銘共にキッチリと刻されています。白鞘、赤銅と金着せの二重はばき、特別保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-060422

Categories: ,

Tag: