Katana [Kazusa-ju Ezawa Toshiharu]

¥ 1,000,000

Stock No:KA-070322

Paper(Certificate): None
Country(Kuni)/Period(Jidai):  Chiba・Showa era 1983

Blade length(Cutting edge): 72.4cm
Curve(SORI): 2.8cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.41cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.91cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.75cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.65cm
Sword tang(Nakago): Unaltered,Sujikaiyasuri with Keshoyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Shinogizukuri,Iorimune,Chu-kissaki
Jigane(Hada): Itame
Temper patterns(Hamon): Choji-midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Midarekomi then Komaru round tip
Registration Card: Chiba

【Additional Information】

江澤利春。刀銘「利宗」。人間国宝の隅谷正峯氏に師事し、昭和54年(1979年)に文化庁から刀剣製作の承認を受け作刀を開始。昭和55年(1980年)に独立し千葉県南房総市に鍛錬所を開設しました。新作名刀展において日本美術刀剣協会の特別賞(会長賞)をはじめとして数々の賞を受賞しています。備前伝や相州伝風の作品を多く作られています。
本刀は、刃長が二尺三寸八分九厘。体配は身幅広く、重ねも確りとし、反り加減が誠に美しい力強いな太刀姿です。地鉄は、板目がよく詰んで地沸がつきます。刃文は、匂勝ちの丁子乱れで、高低がつき、細かな変化を見せる焼刃はとても華やかであります。刃中には足、葉入り盛んに働きます。帽子は乱れ込んで先小丸へ返ります。茎は丁寧な化粧筋違鑢に銘を刻します。御家の御守刀にも相応しく、千葉県にお住いのお客様には特におすすめしたい一振としてご紹介致します。金着一重はばき。白鞘入り。

SKU: KA-070322

Categories: ,