Katana [Higo-dotanuki Munehiro][N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

¥ 2,600,000

Stock number:KA-120421

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token
Country(Kuni)・Era(Jidai): Higo(Kumamoto)・Late Edo period 1865

Blade length(Cutting edge): 70.2cm
Curve(SORI): 2.4cm
Width at the hamachi(Moto-Haba):  3.16cm
Thickness at the Moto-Kasane:  0.75cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba):  2.60cm
Thickness at the Saki-Kasane:  0.60cm
Length of Koshirae : about  101cm
Habaki: One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,Kattesagariyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki, Shinogizukuri, Iorimune
Jigane(Hada): Ko-itame with Jinie
Temper patterns(Hamon): Gunome-midare and Choji, Togariba
Temper patterns in the point(Bohshi): Midarekomi then Ko-Maru round tip
Registration Card: Hiroshima  Showa 1955

【Additional Information】

同田貫は九州肥後国菊池の同田貫(地名)を本拠地に、永禄頃から活躍した肥後刀工の一群で、延寿派の末流と伝えられています。本刀の肥後同田貫宗廣は、肥後同田貫一派の末尾を飾る良工で本名は小山太郎と云います。彼は同田貫有宗、肥後細川家の六千石重臣とともに江戸の水心子正秀に学びました。刻銘は、肥後同田貫宗廣、肥後同田貫宗廣作、肥後同田貫上野介拾代嫡孫延寿太郎宗廣作、肥後同田貫小山延寿太郎藤原宗廣作、肥後同田貫延寿宗廣、小山延寿太郎藤原宗廣などと刻します。肥後同田貫宗廣の作品は天保元年から明治四年までの刀剣が現存します。同田貫(胴田貫)の由来は、田んぼに死体を横たえて胴を切ると、胴を貫(ぬ)けて下の田んぼまで切り裂くという一説から来ています。次のように、①旧幕臣にして直心影流の継承者である榊原鍵吉が、明治天皇の御前で同田貫の刀を用いて明珍作の兜を割ったという逸話。②劇画『子連れ狼』の主人公拝一刀の愛刀が同田貫「胴太貫」。③『新・子連れ狼』では、一刀の愛刀も東郷重位の愛刀も同田貫。④破れ傘刀舟悪人狩りでは、長崎で医術を学んだ蘭学医・叶刀舟(時代劇の主人公)の愛刀が同田貫。⑤三匹が斬る!においても、主人公の一人千石こと久慈慎之介の愛刀が同田貫でした。正宗、村正、同田貫と、何かとなじみが深い御刀で、大変人気があります。新々刀期の同田貫は、身幅広く重ね尋常。切先伸び心で反りが適当、鍛えは小板目か杢目肌、主に備前伝の丁子乱れを焼きます。
本作刃長は、二尺三寸二分。身幅広く、重ね厚く鎬高い。反りよく利いて、中切っ先大きく延び、利刀に優れる同田貫派の堂々たる刀姿を示します。鍛えは小板目肌で地沸がつく、よく澄んだ地鉄となります。刃文は互の目乱れに丁子、尖り刃を交え、処々飛び焼きがかかります。刃縁には荒沸がよくついて、刃中には湯走り、長く金筋がかかり、他様々に働きます。焼刃は同工の掟通りでありながら、乱れ刃にかかる荒沸と盛んな働きとが、覇気に満ちた本刀の魅力をさらに高めています。帽子は乱れ込み先小丸へ返ります。本刀は、通常に見る粗雑な雰囲気の同田貫とは一線を画します。穏やかな鍛え肌に激しい乱れを魅せる焼刃が相まって誠に見事です。同派の最後を締めくくる良工 同田貫宗広の鍛刀美技を顕現した傑作刀であります。
白鞘、金一重はばき、黒呂塗鞘打刀拵。特別保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-070722

Category:

Tags: ,