Katana [Higo-koku yatsushiro-ju Kanetsugu]

¥ 800,000

Stock number:KA-080321

Paper(Certificate): None

Country・Era:Kumamoto, Heisei era 2004

Blade length(Cutting edge): 73.2cm
Curve(SORI): 1.9cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.51cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.77cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.95cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Habaki: One parts, Copper foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,Sujikai file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai):O-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Engraving: Bohi on each side
Jigane(Hada): Ko-itame and Ko-mokume with Jinie
Temper patterns(Hamon): Choji
Temper patterns in the point(Bohshi): Midarete turn Komaru
Registration Card: Kumamoto

【Additional Information】

本刀を鍛刀された兼嗣刀匠は、昭和26年生まれ、本名を木村兼定。熊本県八代市在住で、鍛刀の技を父木村兼重に学びます。ご兄弟に兼照・兼裕刀匠、ご子息に兼光、兼幸刀匠がおられます。兼嗣刀匠を筆頭とする一門は、銘に「赤松太郎」を冠し、清磨写しをはじめ、高い技量を生かしたがっしりと派手やかな作刀で、人気を誇る刀匠一派です。
本作体配が二尺四寸一分。身幅、重ね共に広く、切っ先フクラやや枯れ心に鋭い刀姿で、よく練れた小板目肌には、僅かに小杢目を交え、細かに地沸がつき強い鍛えとなります。丁子乱れの焼き刃には、砂流し、金筋、頻りに足が入り、盛んに働きます。帽子はそのまま乱れて小丸へ返ります。整った肌に華やかな丁子乱れ刃が合わさって、美術刀剣としての品格を確りと感じる傑作であって、熊本県を代表する一門の作品として文句無しの優品でございます。

SKU: KA-080321

Categories: ,