Katana [Chikushu-Ju-Sou-Masamitsu] [N.B.T.H.K] Hozon Token

¥ 1,400,000

Stock number:KA-090121

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K] Hozon Token
Country・Era:Fukuoka・Showa  1975

Blade length(Cutting edge): 76.1cm
Curve(SORI): 1.4cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.31cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.74cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.75cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.60cm
Habaki: Two parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,Kiriyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki, Shinogizukuri, Iorimune
Jigane(Hada): Itame
Temper patterns(Hamon): Gunome
Temper patterns in the point(Bohshi): Midare turn Komaru
Registration Card: Fukuoka

【Additional Information】

本作は、福岡県で活躍した「宗正光」の刀です。同工は明治38年生まれ、昭和17年より「昭和の大業物」また,「今虎徹」の異名を持つ「小宮四郎国光」に入門し作刀を修業。終戦までは海軍刀を制作しました。戦後はいち早く昭和29年に文化庁の作刀承認を受けて鍛冶を再開して、新作名刀展で連続入選を果たします。彼は息子の「宗勉」の他、多くの弟子を育成しました。
本作、「宗正光」の昭和五十年の作。体配は身幅、重ねともに確りとして、刃長が二尺五寸一分、切っ先がのびごころで力強い姿の長刀です。地鉄は板目肌が詰み、地沸がつき、地景が入ります。刃文は小沸出来で、匂口深く、柔らかに明るく冴え、表裏に形が揃えられた互の目を焼きます。刃中には足、金線が頻りに入って働き盛んであります。帽子は乱れこんで小丸に返ります。茎は切鑢目で丁寧に仕立てられ、銘深く刻されます。福岡県を代表する宗一門の始祖として知られる「宗正光」の作品。また、同工の作品中一際目を引く豪壮な作であります。白鞘。金着二重はばき、保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-090121

Categories: ,

Tag: