Katana [Tajima-no-kami Hojoji Tachibana Sadakuni] [N.B.T.H.K Tokubetsu Hozon Token]

¥ 650,000

Stock No:SKA-090121

Paper(Certificate):  [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country(Kuni)/Period(Jidai):  Musashi(Tokyo),Middle Edo period 1661~

Blade length(Cutting edge): 71.4cm
Curve(SORI): 1.0cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.20cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.78cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.50cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Sword tang(Nakago): Kattesagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 2
Registration Card: Niigata

【Additional Information】

江戸法城寺派は但馬国の法城寺国光を始祖とし、江戸に於いて江戸石堂派と姻戚関係を結ぶなどして権勢を拡大し、一門は、寛文・延宝期を中心に大いに活躍し繁栄しました。法城寺橘貞国は、正弘・正照・国正・正則・正次など数十名に上る一門中の上手であり、本刀の如く、地刃ともに明るく冴え、傑出した出来栄えを示した優品を残しています。
本作、刃長が二尺三寸五分半、反りやや浅めに、身幅、重ねは尋常。鍛えは板目肌に地沸がつきます。小沸出来の焼刃は、匂口深く、中直刃調に処々浅く湾れ、ふんわり明るく冴えます。刃中には、互の目足が盛んに入り働きます。帽子は直ぐで小丸に返ります。茎には銘が確りと刻されます。法城寺正弘と並び上手と称される同工の優品としてご紹介させていただきます。白鞘。銅二重はばき。特別保存刀剣鑑定書。