Wakizashi [Ozaki-Nagato-no-kami Fujiwara Suketaka][N.B.T.H.K] Hozon Token

¥ 1,500,000

Stock No:WA-070222

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K]Hozon Token
Country(Kuni)/Period(Jidai): Settsu (Osaka),Late Edo period 1800

Blade length(Cutting edge): 40cm
Curve(SORI): 0.6cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.50cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.63cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.0cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.50cm

Length of Koshirae : about 70cm
Sword tang(Nakago): Unaltered,Sujikaiyasuri with Keshoyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Hirazukuri,Iorimune
Jigane(Hada): Itame
Temper patterns(Hamon): O-Gunome and Midare (Toran-midare)
Temper patterns in the point(Bohshi): Notare  then Ko-Maru round tip
Registration Card: Shiga

【Additional Information】

尾崎助隆の本国は播磨で宝暦三年に生まれ。後に大阪に出て貝三原の末裔である同郷の先輩、黒田鷹諶の門人となります。寛政十年に長門守を受領し、それ以後は尾崎長門守助隆と楷書で銘を切るようになりました。刻銘は、尾崎長門守藤原助隆、尾崎長門守藤原朝臣助隆と銘切します。水戸の直江助政、大坂の天龍子正隆、作州津山の多田貴勝等、多数の門人を育てた大阪新々刀を代表する名工で、特に濤乱刃の名人と評され西の助隆、江戸の水心子正秀を東の正秀と称し賞賛されました。文化二年没、五十三才。
本刀は、刃長が一尺三寸三分。身幅、重ね尋常に、反りが適度に利いた刀姿です。地鉄は、板目肌よく詰み潤いのある鍛えです。刃文は匂口深く、沸がよく付いて明るく冴えた大互の目乱れで、同工の得意とする濤乱風の焼刃となって華やかです。刃中には足良く入り働き盛んです。帽子は湾れ込んで先小丸に返ります。茎は生ぶで化粧筋違鑢目に長銘と年紀を刻します。添えられた拵は美しい金梨子地に五三の桐紋と菊紋が蒔絵された豪華な小太刀拵です。白鞘、金無垢一重はばき、金梨子地紋散 糸巻小太刀拵、保存刀剣鑑定書。※委託品につき小錆がございます。

SKU: WA-070222

Categories: ,

Tags: , ,