Katana [Musashi-Jyu-Kuniie] Mukansa

¥ 2,700,000

Stock number:KA-041020

Country・Era:Tokyo, Showa era 1988

Blade length(Cutting edge): 78.2cm
Curve(SORI): 3.35cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.62cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.9cm
Habaki: One parts, Gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,Kattesagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai):Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Jigane(Hada): Koitame with Utsuri
Engraving: Bohi on each side front side, Font:Amaterasuomikami,Back:Bonji
Temper patterns(Hamon): Jyuka-Choji with Konie
Temper patterns in the point(Bohshi):Midare turn Komaru
Registration Card: Tokyo

【Additional Information】

吉原荘二(国家)は昭和20年生まれ、東京葛飾区住。吉原義人刀匠の弟で東京都無形文化財に指定された無監査刀匠です。祖父國家の下で兄義人と共に鍛刀を学び、昭和四十一年新作刀展に初出品して以来、兄弟揃って奇才を開花。文化庁長官賞を3度、協会名誉会長賞の連続受賞、薫山賞、寒山賞、をはじめ、多くの栄誉を得て、無鑑査刀匠にまでなられた名匠です。伊勢神宮の宝太刀の製作も果たした日本を代表する刀鍛冶です。
本作は刃長が二尺五寸八分で、身幅、元先広く、重ねもがっしり堂々として腰反り高く豪壮な鎌倉時代の備前福岡一文字を再現した見事な太刀です。表裏の横手から刀身三分の二程まで、樋を彫り、さらに表に天照皇太神、裏に梵字を上手く彫りあげます。地鉄は、小板目に杢目肌が交じり詰んで地映りが立つ、精美であり明るく冴えた力強い鍛地金です。刃紋は匂い足を多く現し葉が働く福岡一文字の重花丁子を見事に再現した名刀です。匂口に明るく淡い沸が付いて、焼刃が浮き上がるが如くに輝きます。帽子は、そのまま乱れて込んで小丸へ返ります。本太刀は、現代刀最高峰、武蔵国住吉原荘二(国家)の鎌倉時代の備前福岡一文字を再現した見事な太刀です。貴方の会社のお守り刀にいかがでしょうか。金着一重太刀はばき。桐箱付き。

SKU: KA-041020

Categories: , ,

Tag: