katana [Osumi Toshihira][N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

¥ 3,300,000

Stock number:KA-070320

Paper(Certificate): The holders of Important Intangible Cultural Property (Living National Treasure),Gunma Prefecture as a Preserver of Intangible Cultural Properties,[N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country・Era:Gunma・Showa era  1979

Blade length(Cutting edge): 78.4cm
Curve(SORI):2.7 cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.85cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.74cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.0cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
Habaki: Two parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,Kattesagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Ko-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Jigane(Hada): Koitame with Jinie
Temper patterns(Hamon): Suguha
Temper patterns in the point(Bohshi): Sugu ni Komaru
Registration Card: Gunma

【Additional Information】
大隅 俊平(おおすみ としひら、1932年1 月23日 – 2009年10 月4日)は、群馬県太田市出身の刀匠。本名は大隅貞男(さだお)1952年に長野県坂城町の後の人間国宝、宮入行平のもとに入門し、来国俊らの鍛法を習得します。1960年より独立後は平安時代から鎌倉時代の古名刀を目標として、地鉄の美を追求し、直刃、特に備中青江派の直刃一筋に研究に努めました。優秀賞、正宗賞を3度受賞など数々の賞を受賞。群馬県指定無形文化財「日本刀」の保持者に認定されます。1997年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。(敬宮愛子内親王)天皇家に御守り刀を献上。1999年には紫綬褒章受賞。2005年にも旭日中綬章を受賞しています。2009年10 月4日、太田市の自宅にて77歳で亡くなりました。極初期を除き、生涯、直刃(真っ直ぐな刃文)の刀剣を造り続けた事でも知られています。
本作は先にも述べた通り現代刀工のなかで直刃の第一人者といわれる大隅俊平の本領が発揮された格調の高い健全な一口です。体配は、優雅な太刀姿で、反り加減が誠に美しい一振りです。地金は小板目肌がよく詰んで精美な鍛となり地沸がつきます。刃紋は師が得意とする完成された直刃で、匂い口締り心で小沸が美しく付いて、小足入りよく働き映えた刃となります。鋩子は直で上品に小丸へ返ります。茎には立派な銘が入っております。作品は昭和五十四年の作品で円熟期の一刀であり見事です。大隅俊平刀匠の作品は最近では何処の刀剣店も在庫が無いというの人気ぶりです。本刀は、同作中でも出来が傑出していますので、お探しの御客様には購入チャンス到来の逸品です。大隅俊平作品は、今後ますます注目の御刀になっていくと思われます。重要無形文化財保持者(人間国宝)直刃の第一人者といわれる大隅俊平の本領が真に発揮された、古青江写しの格調の高い健全な太刀です。白鞘、金着二重はばき。

http://oosumi-museum.jp/about/index.html

SKU: KA-070320

Categories: , ,

Tag: