Katana [Yasunori][N.B.T.H.K] Hozon Token

¥ 800,000

Stock number:KA-080421

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K] Hozon Token
Country・Era:Tokyo・ Showa era 1942

Blade length(Cutting edge): 64.1cm
Curve(SORI): 1.5cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.95cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.82cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.2cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.61cm
Length of Koshirae : about 103cm
Habaki: One parts, silver Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered,Kiriyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Jigane(Hada): Itame
Temper patterns(Hamon): Ko-choji,Ko-gunome
Temper patterns in the point(Bohshi): Sugu turn komaru
Registration Card: Fukuoka

【Additional Information】

昭和8年、当時の軍刀需要に応える形で「日本刀鍛錬会」が靖国神社境内に設置されます。鍛錬会に入会した刀匠は、鍛錬所が靖国神社内にあった事などから「靖国刀匠」、製作された日本刀を「靖国刀」と称されます。鍛錬会は、解散する昭和20年までの間に約8,100振の靖国刀が製作しています。鍛錬会における主任刀匠には梶山靖徳、宮口靖廣、池田靖光が挙げられます。本作「靖憲」は、先述した主任刀匠「梶山靖徳」の甥にあたり、本名を「小谷憲三」といいます。昭和10年に当時の陸軍大臣より「靖憲」を授名。同工は、陸海軍大学校の成績優秀な卒業生への「御下賜刀」、熱田神宮をはじめとする奉納刀の製作を行っています。終戦を迎える昭和20年に退会、帰郷し、後年は美術刀剣の製作に従事し、平成15年に没している。本作刃長は二尺一寸一分半と、当時の軍刀の長さに沿ったものであり、やや腰反りとなって姿も綺麗です。地鉄は板目肌が詰んで地沸がつきます。刃文は湾れ調に小互の目、小丁子を交えて処々に足が入ります。帽子は直ぐとなって小丸に返ります。本刀には、写真の通りの陸軍刀拵が附いており、内外共に健全な状態の逸品でございます。旧日本陸軍拵、白鞘、銀一重ハバキ、保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-080421

Categories: ,

Tags: ,