Tanto [Yokoyama Sukekane Bizen-osafune-Ju][N.B.T.H.K] Hozon Token

¥ 1,200,000

Stock number:TA-040720

Paper(Certificate):[N.B.T.H.K]  Hozon Token
Country・Era:Bizen(Okayama)・Late Edo period about 1854~

Blade length(Cutting edge): 20.7cm
Curve(SORI): 0cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.45cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.80cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 1.90cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.70cm
Length of Koshirae : about 34cm
Habaki: One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered, Kiri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Hirazukuri, Iorimune
Jigane(Hada): Koitame
Temper patterns(Hamon): Suguha
Temper patterns in the point(Bohshi): Sugu turning Komaru
Registration Card: Hyogo

【Additional Information】

備州長船横山祐包は、祐定の十三代目で友成五十八代孫にあたる人で、天保五年頃から明治五年頃までの作が残されています。幕末備前鍛冶の代表者です。本作は、刃長が六寸八分という短刀としては拵にして丁度よい長さであり、重ねを厚くした鎧通しを思わせる、美しい姿の一口です。
小板目肌が詰んだ精美な地鉄に淡く映りが立ちます。小沸出来の直刃は明るく冴えて所々荒く沸がつきます。帽子は焼き幅を高めながら小丸へしっかりと返ります。茎は生ぶで鑢目刻銘ともにきれいに残ります。この短刀、肌の美しさと刃紋の上品さが魅力になります。拵は近年製作されたものです。揚羽蝶の目貫は時代の金具です。鞘の蝴蝶蒔絵と相まって洒落た雰囲気に収まっています。本作は横山祐包の実力を短刀という小さな画面に遺憾なく発揮した作で、蝴蝶蒔絵鞘合口拵も洒落ており御守り刀にお薦めの逸品です。白鞘、黒呂塗蝴蝶蒔絵鞘合口拵、保存刀剣鑑定書。

SKU: TA-040720

Categories: ,

Tags: ,