Katana [Omiya Morikage][N.B.T.H.K] Jyuyo Token

ASK

Stock number:KA-010918

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Jyuyo Token
Country・Era:Bizen(Okayama)・Nanbokucyo era

Blade length(Cutting edge): 73.4cm
Curve(SORI): 1.8cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.15cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.75cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Habaki: One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago): Osuriage, Kattesagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki, Shinogizukuri, Iorimune, Osuriage
Engraving: Bohi on each side
Jitetsu(Hada): Itame with Chikei
Temper patterns(Hamon): Choji-midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Midarekomi and Komaru
Registration Card: Mie

【Additional Information】
盛景は近年の研究では長船派の真長、近景につづく系統で、同時代の正系の長船兼光とは系統を異にすると考えられています。これらは鎌倉中期から南北朝時代初期にかけて山城国猪熊通大宮より備前国大宮に移住したことより始まる一派を云い、盛景、助盛、盛重、盛利、師景、らが代表工とされています。祖であると云われてきた国盛が作品存在しないことから、盛景が事実上の祖と云われています。同時期には備前兼光一門と競い合い、豪快な相伝備前の色彩濃い作品を残しますが、山城伝の作品もあり、刃文も湾れを基調とした互の目乱れ刃紋から、青江風の直刃と多彩です。
本作、体配は大磨上無銘となれど、二尺四寸の刃長を保つ御刀で、特に先幅・先重ねは当時の形相を保って健全そのものです。
南北朝期には、優に二尺六寸を超えたであろう、今なお勇壮な姿を見せる一振りです。地鉄は、板目に杢目肌、鍛着部に沿って地斑(じふ)、肌よく現れ野趣があり、地沸つき、地景入り、物打ち辺りに映も現れます。刃紋は、華やかな丁子刃文は激しく乱れ、その逆がかった刃文には足や葉、飛焼きなど働いて見応えがあり、刃縁は細かい小沸ついてよく冴えています。帽子は、表裏ともに乱れ込んで先尖り、小丸へ極浅く返ります。茎は大磨上、茎尻は振袖茎型。鑢目下部勝手下り。目釘穴は1個です。盛景の特徴をよく示した南北朝時期の雅趣あふれる御刀です。650年余りの長き時代を経てきた御刀と考えると、保存状態は申し分なく良好であり見ていて感心させられます。本刀は傑出した出来映えを見せる備前盛景の重要刀剣に指定された代表作にあげられる一口です。白鞘、金着せ一重はばき。第38回重要刀剣

SKU: KA-010918

Categories: ,

Tags: ,