Katana [Oumi-daijo Fujiwara Tadahiro(O-wazamono)] [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

¥ 3,300,000

Stock number:KA-020420

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country・Period:Saga(Saga)・Early Edo period about 1648~

Blade length(Cutting edge): 71.2cm
Curve(SORI):2.1cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.10cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba):2.60cm
Habaki: Two parts, Gold foil Habaki
Length of Koshirae : About 98cm
Sword tang(Nakago): Unaltered,,Kiriyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki,Shinogizukuri,Iorimune
Engraving: Bohi on each side
Jigane(Hada): Koitame
Temper patterns(Hamon): Gunome-Choji
Temper patterns in the point(Bohshi): Komaru
Registration Card: Shizuoka Showa period 1951

【Additional Information】

肥前忠吉家嫡流二代目、近江大掾忠広は、初代忠吉の嫡子で平作郎といい、寛永九年から作刀が見られ、同十八年七月に近江大掾を受領、元禄六年八十一歳で歿している。この間作刀歴は六十有余年におよび、肥前刀中でも最も多くの作品を遺している。
この刀は、鍛え小板目肌がよくつみ杢目肌風になる明るく冴えた地金に映りが立つ。刃文は匂い深く小沸が厚くつく互の目丁子乱刃紋を焼いた上出来の刀である。刃中は足、葉、よく働く。帽子はそのまま小丸へ返る。本刀は御約束の通り肥前刀ならではの美しい刀姿で、地鉄も肥前刀ならではの精緻さであり、かつ地刃共に頬る健全である。添えられた拵は朱塗の腰刻みがなかなか粋で金具もよく纏まる。白鞘、腰刻朱塗黒呂鞘打刀拵、金着せ二重はばき。特別保存刀剣鑑定書。