Katana [Sagami-koku-ju Hirokuni][N.B.T.H.K] Hozon Token Mukansa

¥ 1,200,000

Stock No:KA-060322

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Hozon Token, Mukansa
Country(Kuni)/Period(Jidai): Sagami(Kanagawa)・Showa era 1986

Blade length(Cutting edge): 77.4cm
Curve(SORI): 2.5cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.30cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.86cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.60cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.60cm
Sword tang(Nakago): Unaltered,Kattesagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1
Registration Card: Kanagawa

【Additional Information】
広木弘邦刀匠、本名は廣木順一、昭和23年生まれ。福岡県大牟田市の出身。人間国宝隅谷正峯氏の門人中の巧者となり、その後は父国宏について鍛刀を学びました。昭和46年に刀剣鑑定家池田末松氏の門人となり刀剣研磨を学び、48年厚木市関口に鍛練所を開設。直刃を得意とする弘邦刀匠は、山城、備前、備中、そして相州物と、古作の再現では独自の理念を持って、その真実に迫らんと取り組んで、紺綬褒章、文化庁長官賞、毎日新聞社賞、全日本刀匠会理事長賞、寒山賞、優秀賞、数々の叙勲、受賞を果たし無鑑査刀匠にまで登りつめた現代刀匠を代表する作家です。
本作、刃長が二尺五寸六分で、身幅・元先広く、重ねもがっしりとして腰反り深い豪壮な刀姿です。地鉄は練れた小板目で、よく詰んで美麗な鍛え肌です。刃文は直調の小乱れで、刃中には小足が入りよく働きます。帽子は直ぐで小丸に返ります。茎は整った銘と年紀を刻し、力強く立派です。本作は直刃を得意とした弘邦刀匠の見事な逸品です。白鞘、金着せ一重はばき、保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-060322

Categories: ,

Tag: