Katana [Bisyu-Osafune-ju-Yokoyama Sukekane][N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token

¥ 1,700,000

Stock No:KA-060722

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country(Kuni)/Period(Jidai):  Bizen  (Okayama)/Meiji era 1869

Blade length(Cutting edge): 68.5cm
Curve(SORI): 2.2cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.0cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.85cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.0cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Sword tang(Nakago):Unaltered,Kiriyasuri file pattern
Length of Koshirae: about 97cm
Rivet Holes(Mekugiana): 3

Shape(Taihai): Shinogizukuri,Iorimune,Chu-kissaki
Jigane(Hada): Ko-itame
Temper patterns(Hamon): Choji-midare and Gunome
Temper patterns in the point(Bohshi): Sugu then Ko-Maru round tip
Registration Card: Okayama

【Additional Information】

備州長船横山祐包は、祐定の十三代目で友成五十八代孫にあたる人で、和気郡福田村(現備前市福田)に守時吉郎兵衛の次男として生まれました。作品には天保五年頃から明治五年頃までの刀が残されています。同国加賀介祐永とともに新々刀期、備前鍛冶の代表者です。本作は、刃長が二尺二寸五分強。身幅、重ね共に尋常、反りが適度に利き、元先やや幅差がついて気品のある刀姿です。地鉄は、小板目肌に地沸細かについた精美な肌です。刃文は、小沸出来の独特な丁子乱れで、菊花丁子、互の目丁子を交えた美しく華やかな焼刃となります。刃縁には処々沸粒がついて輝き、刃中には足入り働きます。帽子は直ぐで先小丸へ返ります。本刀に附いている半太刀拵は、変わり塗鞘に銀金具を配した美しい拵で、本刀の品格を高めています。江戸後期、備前国名工の横山祐包の優秀作。地刃の出来映えはさることながら、特に同工独特の技法が現れた焼刃にご注目いただきたい一振です。白鞘、金着せ一重はばき、附 変わり塗鞘半太刀拵、特別保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-060722

Categories: ,

Tags: ,