Katana [Ishido-unju Korekazu] [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

¥ 2,800,000

Stock number:KA-070420

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country(Kuni)・Era(Jidai): Musashi(Tokyo)・Late Edo period 1857

Blade length(Cutting edge): 73.8cm
Curve(SORI): 1.7cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.31cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.94cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba):2.75cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.85cm
Habaki:One parts, gold foil Habaki
Sword tang(Nakago):Unaltered,Sujikaiyasuri with Keshoyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki, Shinogizukuri, Iorimune
Engraving: Bohi on each side
Jigane(Hada): Koitame
Temper patterns(Hamon): Gunome
Temper patterns in the point(Bohshi): Midare turning Komaru

Registration Card: Tokyo

【Additional Information】

運寿是一は長運斎綱俊の甥で名を政太郎といい、文政三年に生まれました。六代石堂是一の養子となり、天保十二年頃に石堂是一の七代目を継ぎました。石堂家中の名手として名高く、当時より絶大な人気を博し、徳川家御用鍛冶にもなり、運寿斎、龍泉斎と号しました。彼は角元興・勝村徳勝など多くの門人を育成しており、新々刀期を代表する名工です。
本作、体配は二尺四寸を超える刃長で、身巾広く重ねも厚く、しっかり反りが利く、がっしりっとして姿格好が良い御刀です。地鉄は小板目肌がよく詰んで潤いがあり地沸付き地景が見えます。刃紋は匂い深く小沸が美しく厚くついた互の目乱刃紋で、刃中は極めて明るく、足、葉、砂流し金線が盛んに働いて華やかであり見ごたえ十分です。鋩子は乱れながら先小丸へと返っています。茎は生ぶで朽ち込み無く、鑢目がキッチリと立ち銘彫も鮮やかです。本刀は是一の高度な技量を余すところなく示した代表作品です。派手やかな刃中に現れる繊細な働きは見る人を魅了させます。白鞘、金着一重はばき、特別保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-070420

Category:

Tag: