Katana [Hizenkoku-ju-Oumidaijyo Fujiwara Tadahiro(O-wazamono)][N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Token

¥ 3,000,000

Stock number:KA-110222

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country(Kuni)・Era(Jidai): Hizen(Saga)・Early Edo period 1648~

Blade length(Cutting edge): 69.69cm
Curve(SORI): 2.2cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.24cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.73cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
Habaki: Two parts, Gold foil Habaki

Length of Koshirae : about 103cm
Sword tang(Nakago):  Unaltered,Kiriyasuri file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Shinogizukuri, Iorimune, Chu-kissaki
Jigane(Hada): Ko-itame with Mokume
Temper patterns(Hamon): Choji-midare
Temper patterns in the point(Bohshi): Sugu then Ko-Maru round tip

Registration Card: Miyazaki

【Additional Information】
肥前忠吉家嫡流二代目、近江大掾忠広は、初代忠吉の嫡子で平作郎といい、寛永九年から作刀が見られ、同十八年七月に近江大掾を受領、元禄六年八十一歳で歿しています。この間作刀歴は六十有余年におよび、肥前刀中でも最も多くの作品を遺しています。
本作は、刃長二尺三寸六分弱、身幅、元先しっかりとし、重ね尋常、反りがよく利いて中切っ先がやや延びる健全な刀姿です。地鉄は小板目肌に杢目交じり、地沸付き、細かな地景が入る精緻な鍛えです。刃文は小沸出来の丁子乱れを主体に、小互の目、尖り刃を交え、総体小模様に綺麗な乱れを見せる焼刃となります。匂口明るく冴え、刃中には足、葉などの働きが表れます。帽子は乱れの勢いを抑えて直ぐで先小丸へ返ります。茎は生ぶで、鑢目、刻銘ともに上工らしく確りとし、錆味も良好です。拵には時代物の赤銅金具が用いられた上品な逸品が付きます。本刀、肥前国忠吉一門の二代目、近江大掾忠廣の華やかな作風を示した、同工中出色の出来栄えの優品としてご紹介致します。白鞘、金着二重はばき、附 黒呂漆塗鞘打刀拵、特別保存刀剣鑑定書。

SKU: KA-110222

Category:

Tags: , , ,