Wakizashi [Chikugo-Kurume Aoki Kiyohide] [N.T.H.K Hozon kai]

¥ 250,000

Stock No:SWA-010420

Paper(Certificate): NTHK Hozon kai
Country(Kuni)/Period(Jidai): Chikugo(Fukuoka), Edo period 1830~

Blade length(Cutting edge): 41.6cm
Curve(SORI): 0.9cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 2.56cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.56cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.3cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Sword tang(Nakago):Unaltered, Takanoha file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Registration Card: Tokyo

【Additional Information】
久留米住青木清兵衛清秀は、姓を青木と言い近江介を受領し、天保頃に筑後久留米に住し鍛刀した刀工です。位列は新々刀は中上作に列し、久留米藩の御抱工として活躍しました。匂口の締まった互の目乱れ、丁字乱れ、直刃を得意としています。
本作は、刃長が一尺二寸六分。鎬造の脇指で、スラリと寸が延び、ほどよく反りが利いた姿が美しい御刀です。地鉄は小板目が詰み杢目肌風の肌が現れ地沸がつく鍛肌です。刃文は匂口締まり心に小沸がついて冴える小互の目乱れ刃で、足よく入り働きます。尚、帽子はそのまま乱れて小丸へしっかり返ります。茎は生ぶで、丁寧な鑢目に、立派な刻銘が入り、申し分有りません。久留米清秀の傑出した出来を呈す脇指です。白鞘、金着せ二重ハバキ、保存刀剣鑑定書。