Tsuba [Kodaimon-Zukushi Tsuba][N.B.T.H.K] Tokubetsu hozon Tousougu

¥ 330,000

Stock number:TU-100517

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K]Tokubetsu Hozon Tousougu

Country・Era:Edo era

Kodaimon-Zukushi Tsuba
丸形 鉄地 金布目象嵌角耳小肉 金布目象嵌両櫃孔(笄櫃孔赤銅埋)

Length: 7.61cm
Width:7.31cm
Thickness:0.54cm
Weight: 151g

In paulownia wood box

[Additional Information]

京献上と鑑定された鍔である。普通は無銘の物がほとんどであるが、これには花押がある。古正阿弥系から、枝分かれしたものであろうが鉄地、丸形に梅花、桜花、松、城閣等を一面に金布目象嵌を施した華やかな出来のものが多く、雅(みやび)の文化を偲ばす。古くは、江戸初期から江戸後期まで長きに流行を見る。製作地も京、大阪、江戸と全国的に流布したと考えるのが自然であろう。足利義政公の作り上げた車山文化が、芸術面でも生かされ、京都に同朋衆が出来、能阿弥、相阿弥、芸阿弥などの名があるので正阿弥と言う名がそのように考えさせるのかも知れません。本作は縦 7.6cm、横 7.3cmと尋常な大きさに、古代文を全面に金布目象嵌とし角耳にも布目象嵌を施す。布目象嵌は金がよく剥がれるが、本鍔は抜けがほとんど無く、永く大事にされてきた事が伺われる。打刀拵などに使用すれば華やかな名拵になるでしょう。鑑賞にも良し、拵に掛けても似合う京献上の優鍔を御紹介致します。