Wakizashi [Yokoyama-kozuke-daijo Fujiwara Sukesada] [N.B.T.H.K] Hozon Token

¥ 600,000

Stock No:SWA-080221

Paper(Certificate): NBTHK Hozon Token
Country(Kuni)/Period(Jidai): Bizen(Okayama), Middle Edo period 1661~

Blade length(Cutting edge): 55.5cm
Curve(SORI): 1.0cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.12cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.76cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.45cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.55cm
Sword tang(Nakago): Unaltered,Kattesagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 2
Registration Card: Tokyo

【Additional Information】

備前長船鍛冶は、通説として吉井川の氾濫により、多くの鍛冶を失ったとされます。被害を逃れた一部のうち、備前祐定一派は、後に新刀期の備前長船鍛冶再興の祖として知られる七兵衛尉祐定らを筆頭として備前刀工の復興に尽力しました。横山上野大掾祐定は、七兵衛尉祐定の子、室町期永正頃の名工、与三左衞門尉祐定より数え六代目とします。
本作は刃長が一尺八寸三分半と刀に迫る長さの脇差で、身幅広く、重ねも確りとし、肉置き豊かで、健全な一振です。鍛えは板目肌が詰み、潤いあって細かな地沸がつきます。刃紋は小沸出来の互の目乱れに僅かに先尖り刃、丁子刃を交えます。同工には末備前、与三左衞門尉祐定らに見られる蟹の爪といわれる刃をしばしば経眼され、本作の刃にも一部、そのような感があります。刃中には、足、葉が入って働きも盛んです。帽子は直ぐとなって小丸に返ります。本作、横山上野大掾祐定の特徴がよく現れ、新刀備前の名工として知られる同工の技を多分に感じる事が出来る一振です。白鞘。銀一重はばき。