Wakizashi [Oumi-Daijyou Fujiwara Tadahiro] [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token

Out of Stock

Stock number:WA-100417

Paper(Certificate): [N.B.T.H.K] Tokubetsu Hozon Token
Country・Era:Hizen(Saga)・Edo era  1648

Blade length(Cutting edge): 51.5cm
Curve(SORI): Inner curve 1.0cm
Width at the hamachi(Moto-Haba): 3.17cm
Thickness at the Moto-Kasane: 0.75cm
Wide at the Kissaki(Saki-Haba): 2.5cm
Thickness at the Saki-Kasane: 0.6cm
Length of Koshirae : about 74cm
Habaki: One parts, silver foil Habaki
Sword tang(Nakago): Unaltered, Katteagari file pattern
Rivet Holes(Mekugiana): 1

Shape(Taihai): Chu-kissaki, Shinogizukuri, Iorimune
Jitetsu(Hada): Koitame
Temper patterns(Hamon): Gunome-midare with Konie
Temper patterns in the point(Bohshi): Sugu ni Komaru
Registration Card: Yamaguchi

【Additional Information】
近江大掾忠廣は初代肥前國忠吉の子で、幼名は平作郎。彼が十九歳の時、寛永九年八月に父忠吉が六十一歳で没した為、若くして家督を継ぎましたが、既に一流刀工としての技を得とくしており、一門を統率して家名を盛り立てたと伝えられています。こうして一人立ちした平作郎は、父と同じく新左衛門と名を改めて、佐賀藩工として鍋島勝茂に仕えました。寛永十八年には近江大掾を受領。近江大掾忠廣は刀剣需要の多い時期に佐賀藩工として門弟を統率しながら数々の優れた作品を残しました。近江大掾忠廣の知名度は高く、大業物に列位するほど切れ味の性能にも優れ、現代に於いても超人気刀匠に数えられます。貞享三年、嫡子陸奥守忠吉(三代目)の亡き後は孫の近江大掾忠吉(四代目)を指導、元禄六年五月、八十歳の高齢をもって天寿を全う、作刀期間は六十有余年、肥前刀の名を世に高らしめた稀代の名工です。
本刀は、身幅たっぷりと広く重ねもガッシリとして重量があります。鎬筋凛とし適度に反って中鋒の上品な姿を呈した、文句なしの誠に美しい脇差です。地金は板目肌深く錬れて潤いのある地鉄となります。刃文は匂い口明るく冴えた互の目乱れ刃紋を焼いています。小沸が均一によくついて所々荒く沸付き、刃縁には足長く入り、合間に葉現れ砂流し金線かかるなどし様々に働きます。鋩子は小丸へ深く確りと返ります。茎は生ぶ。刻銘しっかりとして錆味も良いです。近江大掾忠廣、完成期の派手やかで見事な出来の一振りで、同工の特色が顕著に示された良拵付の脇差の優品です。白鞘、銀着一重はばき、特別保存刀剣鑑定書。

Out of stock

SKU: WA-100417

Categories: ,

Tags: ,